2017年12月 9日 (土)

九段下のイチョウ三昧

Dsc05169br_2 Dsc05189br_2 Dsc05226br

九段下のイチョウ

先週末、九段下界隈のイチョウが
 
素晴らしいということを聞き、
 
出かけてみました。

九段下駅付近

イチョウ並木がなかなかいい。
 
Dsc05139br
 
Dsc05149br

武道館のイチョウ

武道館入り口付近に
 
植栽されているイチョウも
 
見応えがありました。
 
Dsc05158br

20171203papaiphone_021br

イチョウ並木の一段上の石垣に
 
ひときわ目立つ大イチョウが1本ありました。
 
20171203papaiphone_002br
 
樹齢200年超と言われる太い幹の
 
この大イチョウは見事。
 
20171203papaiphone_012br
 
Dsc05169br

靖国神社のイチョウ並木

 次は何と言っても靖国神社。

参道のイチョウ並木は迫力があります。
 
Dsc05189br
 
Dsc05193br
 
Dsc05205br
 
参道脇に駐車中の観光バスの
 
フロントガラスにイチョウ並木が写り・・・
 
20171203papaiphone_077brr

旧岩崎邸庭園の大イチョウ

次いで湯島の旧岩崎邸庭園の
 
洋館前の大イチョウも凄いとのことで、
 
見に行ってきました。
 
樹齢400年と言われる大イチョウ。
 
迫力あります。
 
20171203papaiphone_092br
 
20171203papaiphone_098br
 
おまけの紅葉もまだ見れました。
 
Dsc05250br
 
とまあ~九段下から湯島。
 
イチョウ三昧の都内散策でした。

2017年12月 3日 (日)

ふれあいサポーター卒業記念ウォーキング

Img_2930br Img_2866br_2 Img_2775br

自然ふれあい歩道サポーター

今年3月。小田急沿線自然ふれあい歩道の

サポーターが2年の任期を終えました。

せっかく調査活動など苦労?をともにした

仲間たちなので、年内、70コースの

ひとつを選び、都合のつく方だけ

参加してもらい、一緒にコース歩きを

して、紅葉でも楽しみましょうと

仲間に声掛けして、昨日(12月2日)

実施しました。

仮称「ふれあいサポーター卒業ウォーキング」

コースは向ヶ丘遊園駅(枡形山)コース。

http://www.odakyu.jp/walk/course/16/

16


このコース担当サポーターに案内して

いただき、お昼は向ヶ丘遊園駅そばの

老舗日本料理屋でランチというプラン。

おかげさまで思った以上の参加者があり、

天気にも恵まれ、今コース随所での

紅葉見どころを満喫することができ、

私はじめ参加した仲間も大喜び。

雑談しながら和気あいあいの散策で、

レポート提出作業もないので

みなさん伸び伸びと写真を撮りまくって

いました。と言うより私が一番写真撮り

していたかも知れません。

秋のこのコース見どころをピックアップ

してみました。


広福寺

広福寺は834~848年に開かれた

真言宗豊山派の寺院。

紅葉が見事。

Img_2725br

ここは春に咲くコブシが有名ですが、

イロハモミジの馬鹿でかい木にびっくり。

Img_2728br


戸隠不動尊跡地

深い木立の中に建っていた戸隠不動尊は

焼失してますが、跡地の紅葉は鮮やか。

Img_2756br

Img_2781br


ハンノキ湿性林

ハンノキやクヌギ、コナラなどの木々のある

ハンノキ湿性林もまばらですが紅葉。

Img_2796br

Img_2798br

Img_2802br


岡本太郎美術館

館の外にある高さ30メートルの

「母の塔」は岡本太郎美術館の

シンボルタワー。

Img_2826br

ここでも紅葉。

Img_2852br


奥の池

岡本太郎美術館の階段を降り切った所に

ある奥の池とその周辺は、おそらく

紅葉の一番の見どころ。

Img_2866br

Img_2863brjpg


かわさき宙(そら)と緑の科学館

最新鋭のプラネタリウムのある

科学博物館。

広場にあるSLの後は紅葉の森に

Dsc05082br

広場のメタセコイアの紅葉

Dsc05080br


日本民家園

東日本の代表的な古民家を

集めた野外博物館。

国の重要文化財に指定されている

古民家もあり必見の価値があります。

古民家周辺の紅葉。

Dsc05052br

Dsc05040br

Dsc05033br

日本民家園の入り口

Dsc05030br

日本民家園内の秋景色

Img_2934br

Img_2926br

Img_2939br


枡形山展望台

展望台にエレベータであがると

360度の展望が楽しめる。

Img_7637br

Img_2979br

Img_7642br

Img_2997br

コース歩きが終了しいよいよランチ。

天保元年(1830年)創業の

日本料理「柏屋」

伝統の川魚料理を受け継いできた

という老舗料理屋。

向ヶ丘遊園駅北口から

5分の所にあります。

20171107papaiphone_528br

予約したランチは

四季プレートランチ。

ごはんをちょっと大盛りにして1,200円

(消費税別)

20171202papaiphone_063br

盛り付けが美しく味も良し。

デザートもつきます。

20171202papaiphone_064br

コーヒー等のドリンクはついていないので、

個別注文となりますが、ビール注文の方たちもいて、

話しは弾みました。

来年。春と秋にコース歩きをしようという

話しになり、次回の幹事が決定。

私は事務局として幹事をサポートすることに

なり、次回のウォーキングが楽しみです。

2017年12月 1日 (金)

秋の秘境駅号②

Img_1169br_2 Img_0969br_2 Img_1004br

天龍峡駅

「秘境駅号」は折り返しの

豊橋発ツアー客を

乗せて飯田駅を 13:08に出発し、

13:24 天龍峡駅に停車。

温泉あり。川下りありの観光地。

Img_0891br

ここでも天龍峡温泉に宿泊したと

思われるツアー客がどっと乗車し、

3両の車内は満席状態に。

Img_0872br

Img_0880br

天龍峡駅を13:27出発した「秘境駅号」は最初の

秘境駅「千代駅」(秘境駅ランキング26位)に

13:27到着。


千代駅

駅名看板を触ると長寿になるとかで縁起がいい駅名。

Img_0901br

飯田線は1日8~9本しかない運行数で、

12時台の次は15時台と3時間近い待ちになる。

Img_0903br

Img_0907br

千代駅を13:40に出発し、13:42

ランキング7位の金野(きんの)駅に到着。


金野駅

ここの駅名看板を触ると金運が良くなる

とのことで。触る。触る。

Img_0926br

Img_0922br

Img_0933br

金野駅13:49発。田本駅14:04着。

田本駅はランキング4位。


田本駅

駅の前後をトンネルに挟まれ、

ホーム背後にはコンクリート製の

巨大な壁。線路下には天竜川が

流れる断崖絶壁の駅。

Img_0957br

トンネル越しにまたトンネルが見える。

飯田線の特徴のようです。

Img_0955br

ちょっと高台に上がり、眼下を見た風景。

Img_0969br

田本駅 14:18発。次なる秘境駅の

ランキング17位。為栗(してぐり)駅に

14:25着。


為栗駅

この駅は12分間の停車。

ここでは天竜橋から天竜川沿いに

建てられた為栗駅の遠景をみることが

でき、個人的には飯田線一番の

秘境駅と思う。

Img_1008br

Img_1016br

Img_1013br

為栗駅14:37発。秘境駅ではありませんが

平岡駅に14:45着。


平岡駅

この駅で沿線の土産物などが買える

ショッピングやグルメタイムに。

Img_1060br

Img_1061br

Img_1074br

さて、平岡駅を15:02に出発し、

次なる秘境駅伊那小沢(いなこざわ)に

15:07着。ランキング85位。


伊那小沢駅

この駅も絶壁下にあり、上を見ると

民家があった。

Img_1078br

Img_1080br

天竜川にはコンクリート製のアーチ橋の

水神橋が架設されている。

Img_1082br

伊那小沢駅を15:13発。ランキング14位の

中井侍駅に15:16着。


中井侍駅

長野県最南端に位置する駅で、

ホームは切り立った斜面にあり、

傾斜地に中井侍銘茶の茶畑が

広がっている。

Img_1100br

Img_1094br

Img_1116br

中井侍駅を15:23に出発した「秘境駅号」は

最後の7つ目秘境駅・「小和田(こわだ)駅」に

15:28到着。


小和田駅

ランキング3位。

この駅は静岡県側にありますが、

対岸は愛知県。天竜川上流は

長野県と3県の境にある駅。

Img_1129br

平成5年。皇太子殿下と雅子様のご成婚により、

雅子様の旧姓の小和田と駅名同じだったため、

多くの方がこの駅に訪れ、駅下の広場で

結婚式を挙げたりと、恋成就の駅として有名。

Img_1169br

秘境7駅の中でこの駅だけレトロな

木造駅舎になっている。

Img_1135br

Img_1163br

Img_1158br

小和田駅は昭和31年の佐久間ダム完成で孤立化し、

車道が通じておらず徒歩 以外では駅に

到達できないとされる超有名「秘境駅」。

Img_1140br

最終秘境駅を15:43に出発し、

秘境駅号はノンストップで豊橋駅へ

向かい、17:54に到着。

これで秘境駅号の旅は終了。

秘境駅間でJR東海のスタッフの方から

乗車証明書をいただいた。

20171123papaiphone_107br

そして、私は飯田駅で事前に調達した

秘境駅最中を土産に

20171123papaiphone_112br

こだまに乗り換え、一路小田原に戻りました。






2017年11月28日 (火)

秋の秘境駅号①

JR飯田線

JR飯田線は辰野駅から

豊橋駅まで全長195.7キロ。

94駅あるこの路線は

日本一長いローカル線。

始発から終点まで乗車すると

6時間半ほど時間がかかる。

その区間で、天龍峡駅から

大嵐(おおぞれ)駅間が

最も山深い地域を走る。

この路線は天竜川沿いの

急峻な土地に路線が敷設

されたため、周辺にわずかの

人家しかない場所や、

人気のない深い山の中に

設置された駅がある。

列車以外でのアクセスが難しい

このような駅は「秘境駅」と

呼ばれており、千代、金野、

田本、為栗(しでぐり)、伊那小沢、

中井侍、小和田(こわだ)の各駅は

全国「秘境駅ランキング」で

100位以内に入っている。

Img_1974r

で、行楽シーズンには秘境駅を

めぐる臨時列車「秘境駅号」が

運行される。

20171123papaiphone_076br

Img_0863br

今年の運転日は

11月9日(木)~12日(日)、

16日(木)~19日(日)とあり、

私は指定席(全車指定)をゲットして、

11月17日(金)に乗車しました。

私のコースは横浜線で八王子駅まで行き、

「スーパーあずさ1号」で岡谷駅に

9時22分着。岡谷駅9時45分発の

JR飯田線豊橋駅行きで飯田駅に

12時17分着。

20171123papaiphone_079br

ここからが飯田駅側からの

「秘境駅」出発地点。

もう一方は豊橋駅からの発。

13時8分に飯田駅を出発した

「秘境駅号」は、豊橋駅に着く

17時54分までの4時間半。

千代ー金野ー田本ー為栗ー

伊那小沢ー中井侍ー小和田の

各駅に5分から15分停車し、

JR東海のスタッフさんの誘導のもと、

Img_0904br

線路から外に出て、景色などを

楽しみ、写真撮影できる時間を

設けてくれている。


中央アルプスの風景

ところで、岡谷駅から飯田駅に

行く途中、車窓から雪をいただいた

中央アルプスがかなり長く見る

ことができました。

Img_0794brr

Img_0785br

駅そばでりんごの木。さすが長野。

Img_0811br

つるし柿も見られ

Img_0829br

結構楽しめました。

さて、秘境駅ではありませんが

天龍峡駅からの紹介は次回に。

2017年11月22日 (水)

相模川中流探鳥

Img_9826br Img_0094br Img_9724cr

相模川中流

Img_9206br

相模川中流に三段の滝という

瀑布があり、セキレイ類や

イソシギ、カワセミなどが出没する。

Img_9353br

Img_0103br

Img_9391br

Img_9311br

先週末、私が三段の滝を訪れた時は、

キセキレイがセグロセキレイなどを

追い払い縄張りを主張していました。

Img_9246br

と、滝でジョウビタキの姿を見つけ、

滝そばの広場でしっかりと

顔を見せてくれました。初認です。

Img_0046br_2

Img_9455br_2

Img_9521br_2

Img_9525br_3

他の場所で違うジョウビタキが

至近距離に現れ愛嬌?を振舞って

いました。

その日はジョビタ祭りの様相を

呈していました。

Img_9742br

Img_9809br

Img_9834br

一方、滝近くの広場でホオジロも

現れしばらく遊んでいました。

Img_9882br

Img_9902br

Img_9869cr

Img_9870br

で、肝心の相模川では

Img_9208brjpg

冬鳥として

Img_9558br

オオバン、カンムリカイツブリの2種だけしか

Img_9573br

見れず、冬場よく見れるヨシガモは

まだで残念。

12月に入ると入ってくるでしょう。

次回の探鳥期待です。

川でもイソシギ。おまけです。

Img_9690br

2017年11月20日 (月)

大雄山最乗寺の紅葉

大雄山最乗寺

そろそろ大雄山最乗寺の紅葉が

11月9日、見ごろかなと思い

初見物に出かけました。

Img_8828br

Img_8834br

ちょっと早かったようで、

紅葉はまばら。

Img_9021br

Img_8857br

やはり11月20日~23日頃が

見ごろになるようです。

それでも随所でそれなりに

紅葉が楽しめました。

Img_8841br

Img_8925r

Img_8985br

ここは伊勢原の大山と違い、

メジャーではありませんが、

観光化されていないので、

隠れた紅葉の名所です。

Img_8818br

Img_8884br

最乗寺に関しては

今年5月頃投稿した

ブログ「週末散歩人」をご覧ください。

http://mdsales.cocolog-nifty.com/blog/2017/…/part1-57dd.html

2017年11月14日 (火)

国営昭和記念公園・紅葉編

国営昭和記念公園の日本庭園
 
昭和記念公園のモミジは
 
イチョウが見ごろになった頃、
 
ほとんど紅葉していませんでしたが、
 
日本庭園だけは一部紅葉しており、
 
大変な人だかりでした。
 
日本庭園の入り口付近
 
Dsc04774br_2
 
日本庭園内の池周辺
 
Dsc04786br
 
 
Dsc04743br
 
 
Dsc04813br
 
 
Dsc04820br
 
池のほとりの清池軒付近は見事な紅葉でした。
 
Dsc04858br_2
 
 
Dsc04866br
 
 
Dsc04859br
 
日本庭園以外はまばらな紅葉でした。
 
Dsc04650cr
 
Dsc04795br
 
 
Dsc04742br
 

2017年11月 8日 (水)

国営昭和記念公園・イチョウ黄葉編

Dsc05002br_2 Dsc04709br Dsc04670cr

国営昭和記念公園のイチョウ狩り

秋晴れの日曜日。

家族と国営昭和記念公園へ

イチョウ狩りに行って来ました。

昨年は11月中旬が見ごろだった

ようですが、今年は今月初めが

ピークと想定して・・・正解でした。

私は田舎から上京して初めての

イチョウ狩りでしたが、

9時半過ぎに入園してもイチョウ並木は

人、人、人で、黄葉を撮るより人ばかり・・・

でも楽しめました。

最初は立川口のカナール イチョウ並木。

Dsc04590br

Dsc04686br

Dsc04597br

Dsc04610br

Dsc04656br

次がかたらいのイチョウ並木。

Dsc04980br

Dsc05001br

Dsc05002br

まさに黄金に輝くイチョウ並木でした。

そして、イチョウの落ち葉も見事。

Dsc04676br

ぎんなんもどっさり

Dsc04897br

日本庭園近くの小さな池で

池の水面にイチョウの黄葉が映り、

ホシハジロが入っていました。

Dsc04911br

Dsc04900br

園内のいたるところでイチョウの黄葉が

見られましたが、見物客のいない

イチョウの木の方に愛着を感じます。

Dsc04766br


2017年11月 5日 (日)

多摩センターのモミジバフウ③

Dsc04520br  Dsc04511br_2  Dsc04498br_2
 
多摩センター上之根大通り
 
超秋晴れの11月3日
 
3度目の上之根大通りで
 
モミジバフウの紅葉を確認。
 
Dsc04462br_2
 
落葉が進んで、見ごろが過ぎた感がして、
 
Dsc04488br
 
来週末の紅葉ウォーキング本番
 
では、更に落葉が進み、ちょっと
 
見映えしなくなるのではと心配。
 
それはさておき、今日は一番の紅葉でした。
 
Dsc04469br
 
Dsc04480br
 
Dsc04501br_2
 
Dsc04505br
 
落葉したモミジバフウの紅葉は
 
結構いい感じです。
 
Dsc04481br_2
 
いずれにしろ秋は深まってきています。
 

2017年10月29日 (日)

多摩センターのモミジバフウ②

見ごろ間近いモミジバフウの紅葉

9月30日に初めて訪れた

多摩センター・上之根大通りの

モミジバフウは、樹のてっぺんに

一部紅葉が見られる程度でした。

そして、秋晴れの10月27日。

モミジバフウ全体の7割ほどが

紅葉して、かなり見応えがありました。

最初はモミジバフウのスタート地点ー

北豊ヶ丘小学校入口の歩道橋からの景観。

Img_8591br

Img_8594br

次は多摩落合3丁目付近からの景観

Img_8628br

Img_8643br

3番目は落合4丁目の歩道橋からの景観

Img_8781br

バス停前からの景観

Img_8792cr

遊歩道や歩道橋で、カメラと三脚を持った

カメラマンをちらほら見かけました。

Img_8653br

11月初旬は紅葉見物の人たちと

カメラマンで賑わうことでしょう。

遊歩道の脇でタイワンホトトギスが

ちょっと群生して、花開いていました。

Img_8787br

«多摩センターのハロウィン2017