無料ブログはココログ

« 花の常泉寺 | トップページ | 新緑の相模原公園 »

2017年4月21日 (金)

あしがり郷「瀬戸屋敷」

Img_1084br_2 Img_1111br_2 Img_1128br_2

開成町の瀬戸屋敷

アジサイの里で有名な開成町に、

江戸時代、名主を代々勤めてきた瀬戸家の

お屋敷があります。

茅葺の民家や、土蔵、水車小屋など

江戸時代の農村生活を今に伝える

貴重な歴史文化遺産。

屋敷所有者の厚意により開成町に

寄付され、開成町重要文化財に

指定されているという。

アジサイの里から徒歩10分ほどの

距離にある瀬戸屋敷は

「小田急沿線 自然ふれあい歩道」

「新松田駅~開成駅コース」で見どころの

ひとつになっています。

主屋

Img_1065br

Img_1103br_2

Img_1105br

Img_1110br

中庭

Img_1111br

Img_1112br

土蔵

Img_1121br

つるべ井戸

Img_1155br

水車小屋

Img_1071br

トイレと案内所

Img_1158br

屋敷内の庭と花

Img_1084br

Img_1099br

カラー(サトイモ科)

Img_1113br

スノーフレイク

Img_1157br

シャガ

Img_1086br

クリスマスローズ

Img_1133br

敷地内に絶滅危惧種に指定されている

植物が2種ほどあり、驚きです。

ミセバヤ・・・ベンケイソウ科の着生植物で

樹木にはりつき、和名は「見せたい」という意味の

古語が変形。高野山の法師が詠んだ和歌に

ちなんでいるといわれている。

環境省レッドデータで絶滅危惧IB類(EN)に

指定されている。

Img_1141br

もう一種

オキナグサ(翁草)・・・キンポウゲ科

海岸に近い場所や、日当たりの良い山の

草地にはえる多年草。

絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。

Img_1128br

ところで案内所でチョーク画というアート見本があり、

ちょっと変わっている。

Img_1162br

複製画1枚100円だったので、3枚ほど購入し、

部屋に飾ることにした。

Img_0080r_2

瀬戸屋敷では毎年2月中旬から3月上旬にかけ、

「瀬戸屋敷ひなまつり」が開催され、300年前の

享保雛や雛人形の数々、7000個以上の

つるし雛などが飾られるとのことなので、

私も来年、ひなまつりを見に瀬戸屋敷を

再訪しようと思っています。






















« 花の常泉寺 | トップページ | 新緑の相模原公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

momota2さん、今晩は。
とうとう開成町の瀬戸屋敷のご紹介となりましたか。ありがとうございます。
まあ、私がお礼を言う筋合いではないんでしょうが。coldsweats01イヤハヤ
私が子供の頃はもちろん「瀬戸屋敷」と呼ばれる場所などなく、大きな田舎
屋敷の家の一つだったんだろうと思います。このような茅葺屋根の家はごく
普通にありましたからね。‥‥それにしてもアジサイ祭と瀬戸屋敷をセットに
して“町興し”を始めたのは誰だったんだろうと、昔に思いを致します。

平戸さん コメント、ありがとうございます。開成町は酒匂川に探鳥で良く出かけます。アジサイで有名な町となっていますが、探鳥地としても結構有名です。開成町は私の好きな町のひとつです(^。^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575785/65178725

この記事へのトラックバック一覧です: あしがり郷「瀬戸屋敷」:

« 花の常泉寺 | トップページ | 新緑の相模原公園 »